食べ物の雑学

白ビールの原料の正体は?

「白いビール」があるのをご存じでしょうか。

名前は「ベルリーナ・ヴァイセ」と言って、ドイツで1800年代後半からつくられているものです。

このビールの変わっているところは、まずは原料。

普通、ビールの原料といえば大麦ですが、ベルリーナ・ヴァイセは小麦を発酵させます

そして、一次発酵のあとに乳酸菌を混入。

これで、ビールにしては珍しい、乳白色を帯びた色合いになるのです。

そのあともう一度発酵させると、酸味が強くて、泡がきめ細かいビールになります。

もう一つ変わっているところは、その飲み方。

ビールだけで飲むことはめったになく、ラズベリー、チェリーなどの果実のシロップを混ぜ、甘いカクテルにするのが普通。

シロップの色と白い泡の調和もきれいだし、ジュース感覚で真っ昼間から堂々と飲めるので、興味のある人は探してみてください。

卵はとがったほうを下にすると鮮度が保てる

トップページへ

【食べ物の雑学】一覧へ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学