科学の雑学

物理の知識を使えば、もっと速く泳げる?

水泳の上達を図るなら、体を使うだけではダメ。

頭も使い、合理的に泳ぎましょう。

水流の反作用(反動)で前進するのが水泳ですから、できるだけ大きくて勢いのある流れをつくったほうが速く勧めます。

これを念頭に置いて水のかき方をマスターすると、水泳が格段に上達します。

最初、水が静止している状態では、ゆっくりとかき始めること。

あせると水が手の甲にまわり込んでしまいます。

水が後ろへ動いたという手ごたえを感じたら、次は手を体から離すような気持ちで、ほんの少しだけ斜め後方へ。

最後は力を込めて手首のスナップをきかせ、素早く大きくかき出す。

以上の3ステップが、クロールのひとかきです。

この方法だと第一段階で水を後ろへやり、第二段階で幅の広い水流をつくり、第三段階で流れに勢いをつけることができます。

物理の知識は、プールの中でも意外と役に立つのです。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-科学の雑学

© 2020 暇人の雑学