食べ物の雑学

石焼きイモ屋のイモが家庭でつくるより甘いワケ。

「石やーきーいもー」

秋が深まると、どこからともなく聞こえる懐かしい呼び声、思わず食欲をそそられます。

焼きイモ屋の石焼きイモは、家庭で作るよりやっぱいおいしい。

電子レンジにふかしイモの味では、とうてい足もとに及びません。

サツマイモは、もともと甘くありません。

中にあるでんぷんが、酵素や熱の作用によって、ゆっくりと分解されていくうちに、糖ができて甘くなるのです。

この分解反応は温度が高いほどよく進むのですが、比較的ゆっくりした反応なので、周りからじわじわ温めたほうがいいのです。

また、長い時間、高温を保つほうが甘さは強まっていきます。

つまり、石焼きイモは、サツマイモの性質を見事に生かした調理法とうわけです。

一方、電子レンジは、短時間に中心部から温めるものなので、甘くなる暇がありません。

家庭でつくる場合は、蒸し器を使う方法がおすすめ。

そして、なるべく大きく切った方がおいしいようです。

サツマイモは100グラム中30ミリグラムのビタミンCを含みますが、これは他の作物と比べてもかなり多いほうです。

調理しても、そのビタミンCの90%は残るといいます。

風邪の予防にも、もってこいの食べ物なのです。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学