科学の雑学

10メートルのストローでジュースを飲むことはできるのか?

ストローでジュースを飲むとき「吸い上げている」と思いがちですが、正確にいえば、決して人間の吸う力で吸い上げているわけでありません。

人間が吸うのは、ストローの中に入っている空気だけ。

あとは、ストローの中が真空状態になることで、ジュースが上がってくるのです。

コップの中では、ジュースの表面が常に空気に押されています。

ジュースののみならず、地球上のすべてのものは、空気の重さ、つまり気圧を受けているのです。

この空気は気圧1ヘクトパスカルで1グラムのものを1センチ動かすことができます。

ストローの中にも空気があれば、コップの中でジュースが押されても、両方の気圧が均衡を保って、ジュースが動くことはありません。

けれども、ストロー内の空気がなくなると、この均衡が破られ、コップ内のジュースがストローの中を上がっていきます。

ところが、地表面近くの気圧は1気圧1013ヘクトパスカルなので、ジュースを動かせる長さは10.13メートルまでに限られます。

つまり、10.13メートル以下のストローでなら飲めますが、それ以上の長さでは飲めない、ということになります。

ももっともこれは机上の理屈で8メートルや9メートルのストローで試したとしても、息が続かずにギブアップしてしまいそうですが。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-科学の雑学

© 2020 暇人の雑学