役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

ルーツ・語源の雑学

聴診器は子どもの遊びから生まれた!【ルーツの雑学】

みごとなほど単純なのに、これほど病衣の診断に役に立っているものがあるのだろうか、と思われる聴診器ですが、それほど大昔から存在していたわけではありません。

1819年、フラン詩人の病理学者ラエネクは、子供の遊びから偶然、聴診器のアイデアを思いつきました。

彼がルーブル宮廷の中庭を歩いていると、子供たちが長い棒の両端に耳をつけ、音を聞いて遊んでいたのです。

彼は、こうして音を聞く原理を心臓病に応用できないかと考えました。

翌日、自分の診察室で紙を巻いて筒を作り、さっそく患者の胸に当てると、異常な雑音が聞こえました。

数多くの事件の後、彼は長さ30センチ、直径3センチの木製の円筒を、聴診器として完成させたのです。

この聴診器、簡単で確実な診断ができるということで、すぐに広がりました。

しかし皮肉にも。ラエネクは聴診器を完成させた直後、自分がかなり重い肺疾患にかかっていることを発見します。

そのあと彼は。この疾患がもとで、1826年に45歳の若さで世を去ります。

しかしそれまでに、肺疾患のあらゆる原因を科学的に整理した医学書を完成させています。

「この本によって、医学は科学的な方向へ向かっていった」と言われるほどの名著だったそうです。

現在使われているチューブのついた双耳式のものは、後に改良されたものです。

名古屋の「ういろう」は元々薬の名前

【ルーツ・語源の雑学】一覧へ

トップページへ

Sponsored Link

-ルーツ・語源の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.