ルーツ・語源の雑学

世界に誇る日本生まれのステーキ料理

薄くのばした牛肉をタマネギに漬けて焼いたステーキを、シャリアピンステーキと言います。

名前はいかにも洋風ですが、実はこれ、日本独自のメニュー。

シャリアピンとは20世紀最大のオペラ歌手。シャリアピンの名からきています。

このステーキは、帝国ホテルほコックが、シャリアピンの注文に応じて考案した料理なのだそうです。

シャリアピンは、ヨーロッパ、アメリカ各地で大成功をおさめたあと、昭和11年に日本を訪れ、帝国ホテルに泊まりました。

彼はコックに
「何か変わったステーキをつくってくれ」
と頼みました。

そこでコックは腕を振るって、タマネギをたっぷり使ったステーキをつくります。

まず、すりおろしたタマネギの中に肉を漬け込みます。

さらに、タマネギのみじん切りをバターで炒めてつくったソースを、肉の上にたっぷり乗せました。

一口食べたシャリアピンは、大満足。

その後、公演でまわる世界各地のレストランやホテルで、タマネギを使ったあのステーキを作ってくれと頼むのでシャリアピンステーキと名付けられ、この料理法は世界中に広まったのです。

トップページへ

【ルーツの雑学】一覧へ

優美なイメージとはかけ離れている香水の歴史

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-ルーツ・語源の雑学

© 2020 暇人の雑学