食べ物の雑学

しょう油の「濃口」「薄口」、塩分が高いのはどっち・・・

しょう油には濃口と薄口があり、関東では濃口、関西では薄口が一般的です。

濃口しょう油は色が濃く、香りもきつめ。

それに比べて、薄口しょう油は色の濃さが濃口の四分の一、香りにもくせがありません。

ところが塩分を比較すると、意外にも薄口のほうが2%ほど高いのです。

しょう油は、醸造のときに糖分とアミノ酸の反応が大きいと色が濃くなります。

この反応を抑えるのが、食塩水の濃度。

塩分を濃くすればするほど、色は薄くなります。

要するに薄口しょう油とは、塩分を濃くすることによって色を薄くし、アミノ酸の反応を弱くしてくせをなくしたものなのです。

塩分の摂りすぎを気にしている人は、くれぐれも間違えのないように。

「薄口」ではなく「減塩」と表示されているものを選べば、安心です。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学