生き物の雑学

貝にある舌のような物体、実は”足”

アサリやハマグリなどの二枚貝には、二本の管と、何やらベロベロした舌のようなものがついています。

管の役目は水を吸う口と吐き出す口です。

一方の口から海水を吸い込んで、水中の酸素やプランクトンを体内に取り入れた後、もう一方の管から不要な水を排出するというわけ。

これは、他の多くの貝類や海中の軟体動物と同じ方式です。

では、舌のような物体の正体は?

実は、貝にとってこれは舌ではなく、足なのです。

普段は貝殻の端、足のあるほうの端を海底や泥や砂の中に埋めるようにして、しっかりと立っています。

そしていざ移動する時には、貝殻の隙間から足を出し、海底をグイッと押しながらが前進します。

潮干狩りの際、干潟から掘り出されたアサリが、砂を叩きつけるようにして勢いよく動き回ることもあります。

宙にこそ浮かばないものの、勢いよく跳ね回るといった感じ。

ありあまる元気に驚かされたりもしますが、あれは不意打ちをくらって砂の上に出されたあさりの、精一杯の逃げ足なのかもしれません。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-生き物の雑学

© 2020 暇人の雑学