地球の雑学

木陰が涼しいのは「日差しを遮るから」だけではない!

真夏の都会は、アスファルトやコンクリートなどからはね返る熱や、冷房から出る熱風でむせ返っています。

場所によっては、気温が45度以上になることもあり、まさに ” コンクリートジャングル ” です。

そんなときは、街路樹などの木陰に入ってホッとひと息。

公園の森の中に入れば、清涼感さえ感じます。

これは、単に強い日差しを遮ったからだけではありません。

木の葉には無数の空気の出入り口(気孔)があり、そこから水分が外に出されています。

この水分が大気中に蒸発するときに大気の熱を奪うため、樹木の周りの温度が下がるのです。

森林の中では、気温はむやみに上がらないし、夜になれば地表からの放熱を枝や葉が遮るため、温度はそれほど下がりません。

つまり、森林は昼と夜の温度さが少ない住み心地のいい場所といえます。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-地球の雑学

© 2020 暇人の雑学