役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

体と健康の雑学

精子ができる袋(陰のう)が体の中にないワケ。【体と健康の雑学】

野球などのボールが男の急所に当たると死ぬほど痛い・・・。

これは体験した者でないとわからないでしょう。

もちろん、弱いところだからという理由もありますが、それだけではありません。

陰のうに入っているこう丸が、当たった衝撃でお腹のほうに上がってしまうからなのです。

それにしても、陰のうは精子をつくるための大事な袋なのに、なぜ危険な体の外に出ているのでしょうか。

それは、こう丸がお腹の中にあると、精子がつくれないためです。

つまり、体の内部の温度では高すぎて、精子ができないのです。

そこで内々より2,3度低い温度の、体の外の袋で精子をつくるというわけです。

ところで、こう丸は最初から外の袋に入っているわけではありません。

胎児のときはお腹の中にでき、徐々に下に下りてきて袋におさまるのです。

その時期は、受精してから7か月目くらいだといいます。

しかし、なかなか下りてこない場合もあって、これを停留(ていりゅう)といいます。

これは珍しいことではなく、新生児の7~8%の割合でみられるそうです。

たいていは1歳くらいまでに下りてくるのですが、1歳をすぎても下りてこない場合は、手術で引っぱり下ろすことになります。

もし、これがうまくいかない場合は、精子がつくられないことになるのです。

また、お腹の中にこう丸があると、そこからガンができやすいともいわれています。

このように、しかるべきところにおさまらなければいろいろ支障をきたすので、やはり、多少のリスクがあっても、体の外に出しておくしかありまあせん。

ちなみに、急所にボールが当たってこう丸がお腹の中に入ってしまった場合は、腰のあたりを後ろからトントンたたいたり飛び跳ねたりすれば、元通り袋の中に下りてきますから、ご安心を。

緊張するとトイレが近くなるのはどうして?

トップページへ

【体と健康の雑学】一覧へ

Sponsored Link

-体と健康の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.