ルーツ・語源の雑学

ロッキング・チェアはもともと健康器具だった

腰かけて楽しいイスの代表は、やはり、ロッキング・チェアでしょう。

あのケネディ大統領も大のロッキング・チェア党で、ホワイトハウスの執務室に運び込み、暇さえあればその揺りかご効果を楽しんでいたそうです。

ところで、生活を快適に、心地よくするロッキングチェアが、もともとは別の目的で作られたことをご存じですか?

実はこれは、老人用の運動器具として考えられた、いわば健康器具の元祖なのです。

重い材質の木材で作られているところがミソ。

十分な揺れを得るには、足や腰にかなりの力をいれなければならないように作られています。

そうして、揺れを楽しみながら、知らぬ間に足腰を鍛えようというわけです。

ヨーロッパの冬は苛酷ですから、お年寄りはどうしても家に閉じこもりがちで、運動不足になります。

それを心配した敬老心が作り出したもので、そんな思いやりがあったからこそ、ロッキングチェアの揺れが私たちを心地よくしてくれるのかもしれません。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-ルーツ・語源の雑学

© 2020 暇人の雑学