食べ物の雑学

甘くておいしいカボチャの簡単な見分け方!

甘みのある野菜といえば、カボチャとサツマイモが思い浮かびますが、甘みの質はちょっと違います。

サツマイモは、加熱しているうちにβ-アミラーゼという酵素の働きで、でんぷんが分解され、糖になります。

一方のカボチャは、もともと蔗糖や還元糖が豊富です。

カボチャの甘みがピークに達するのは、完熟時。

面白いことに、カボチャは熟すにつれて皮が硬くなり、完熟したときには爪も通らないほどになります。

ですから、皮の硬いものを選べば間違いなく甘いのです。

また、茎の根元が縦にひび割れていたり、皮のシマ模様がはっきりしているものは甘い印です。

なお、皮の一部だけが黄色くなったものを時々見かけますが、あれは日焼けのせい。

味に影響はありません。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学