食べ物の雑学

トンカツには、なぜ千切りキャベツが必ずつくの?

今も昔も、トンカツにはキャベツがつきもの。

素人にはなかなか真似できない細切りが、多くの店で機械で行われるようになった今でも、やはりキャベツはなくてはならない存在です。

ほかの多くのつけ合わせ同様、トンカツにおけるキャベツも重要な役割を果たしています。

トンカツは、豚肉を使っている上に衣をつけて揚げている、とても脂っこいものですが、キャベツは胃腸を保護し、消化・吸収も助けてくれる働きを持っているのです。

また、栄養面から見ても、キャベツの盛り合わせは最適。

キャベツには胃腸障害に効くビタミンUも含まれているので、脂っこいものを食べるときの最高のパ―トナーです。

ただし、千切りにしたあとで、水にさらしすぎると、大切なビタミンUが溶け出してしまいます。

トンカツ屋のカウンター越しにでも調理場をのぞいてみて、キャベツをどっさり切りためして水を張ったボウルにつけていたりしたら、栄養はあまり期待しないほうがいいかもしれません。

タマネギの茶色の皮は栄養満点!

トップページへ

【食べ物の雑学】一覧へ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学