食べ物の雑学

みかんを投げると甘くなる

投げると甘くなるというので、みかんを身と皮が離れるほど何度も放り投げて食べるという人がいたそうです。

甘くなるのは、本当なのです。

みかんは衝撃に弱くて、1 m の高さから落とすだけで、酸の量が20%も減少してしまうのだそうです。

甘くなると言っても糖分が増えるのではなく、酸味が減るためにそう感じるだけのこと。

酸以外の成分も変わってしまうからでしょうか、味も落ちてしまうかもしれません。

落下の衝撃は、みかんの呼吸量も増やします。

そして呼吸量が増えると蒸れて腐りやすくなります。

ですから、みかんを買った時は、くれぐれも振動にご注意を。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-食べ物の雑学

© 2020 暇人の雑学