役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

行動と心理の雑学

殺人の過半数が親族同士!悲劇を未然に防ぐ方法って?【行動心理の雑学】

日本における殺人事件の被害件数は、1955年の2119人をピークに年々減少しいて、2016年に289人と、調査開始以来過去最少となりました。

しかしこのうち、犯人の約9割は知人・親族で、半数以上は親族だそうです。

親族は他人と違って、距離が近いです。

甘えや依存心が強いので、それを拒絶されたとき、不満が爆発するのです。

 

一般的には、トラブルを起こしそうな親族とは、ある程度の距離をおくことが大切です。

また、その親族とは一対一で会わないようにします。

陰湿な嫌がらせをするような受動的攻撃行動を持つ親族がいたら、その人のありのままを受け入れ、自分が助けたいという意思を伝えることです。

 

警察は”民事不介入”という方針があり、原則として家族間のトラブルには対応してくれません。

しかし、親族が暴力を振るってケガをするようなことがあれば、それは「事件」であり、当然、警察に通報すれば駆けつけてくれます。

警察庁がまとめた「親族間の未遂を含む殺人事件や傷害致死事件の動機」によると、介護や育児疲れ、金銭困窮などによって「将来を悲観して」が33%を占めました。

 

このうち、介護問題では、父母が被害者になるケースが非常に多いです。

つまり、子供やその連れ合いが加害者ということになります。

いわゆる「介護殺人」です。

 

これを防ぐには、介護している親族のケアが必要なのですが、なかなか効果が挙がっていません。

介護している親族が高齢者ということもあって、自ら関係窓口へ足を運ばないことがネックになっています。

やはり、福祉関係者や地域の見守りしかないのかもしれません。

受動的攻撃行動
嫌なこと、やりたくないことに対して、怒りを直接的に表現するのではなく、押し黙ったりやるべきことを放棄することで相手を困らせるといった、消極的・受け身的な反抗(攻撃)態度のこと。またはその行動。他人への依存と自己主張の願望との間で葛藤に陥り、自信を失っていることが多い。

トップページへ

【行動と心理の雑学】一覧へ

パワハラがやめられない人に共通する思考とは?

Sponsored Link

-行動と心理の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.