科学の雑学

” くもらない鏡 ” はなぜくもらないのか?

浴室用に売られている ” くもらない鏡 ” 。

何分間シャワーを出しっぱなしにしようが、浴槽から湯気が立ちのぼろうが透明度を保っている、不思議にして、便利な鏡です。

普通の鏡やガラスがくもるのは ” 結露 ” という現象のせい。

温かい空気が急速に冷やされたり冷たいものに触れたりすると、空気中の水蒸気が凝結してごく小さい水の粒になります。

この水の粒が ” 露 ” です。

つまり浴室の空気は温かくて水蒸気も多いのに、鏡の温度は上がらないため、鏡の表面に露ができ、くもるというわけです。

ならば、鏡の温度も浴室の空気に合わせて上昇させればくもらないはず。

というわけで、くもらない鏡は内部に特殊カーボンを使い、ここに弱電気を通して温めています。

普通の鏡のくもりを防ぐには、換気ファンなどで湿気を追い出せばOK。

くもり止めの用の洗剤も効果がありますが、もっとも手軽な方法は洗ったついでに、石鹸のついたタオルでふいてやること。

鏡の表面の細かいデコボコに石鹸の界面活性剤が膜をつくり、くもりにくくなります。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-科学の雑学

© 2020 暇人の雑学