役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

生き物の雑学

渡り鳥のV字編隊飛行の先頭はリーダーなの?【生物の雑学】

更新日:

渡り鳥の編隊飛行は見事ですよね。

V字飛行の「カギ」になり、横一列の「サオ」になったりする様子は、昔から歌に詠まれたりしてきています。

 

とくにカモやハクチョウなどの少し大型の渡り鳥によく見られるVの字の隊列の飛行は、カラスやハトやスズメやツバメには決して見られないものです。

 

どうして渡り鳥がこのような編隊飛行をするのか、最近の研究からだんだんと分かってきました。

それは、省エネのためだそうです。

鳥が羽ばたくと、翼の周りに空気の渦ができてそれが、外側に広がっていきます。

外側にいる鳥がその空気の渦を利用すると、自分が飛ぶための助けになって、羽ばたくために使う力を小さくするすることができます。

 

もちろんその鳥も羽ばたくわけですから、さらに空気の渦をつくるし、その外側にいる鳥はそれによって助けられます。

なので、V字で飛ぶのが一番エネルギーを節約できるというわけです。

 

非常に長い距離を飛んでくる渡り鳥にとって、この飛び方は途中でバテてしまわないため、とても効率的な方法だったようです。

 

でも、これでは編隊飛行の先頭を飛ぶ鳥が、もっとも疲れてしまうことになります。

なので、先頭は時々交代するするそうです。

つまり、先頭を飛んでいるいるのが隊のリーダーというわけではないのです。

 

渡り鳥は、毎年決まった時期に、決まった場所へやってきます。

迷子になったりしないのは、自然のGPSのような仕組みが鳥にそなわっているからではないかと考えられています。

 

さまざまな研究の結果、渡り鳥は昼間は太陽の位置、夜は星座の位置を目印にして飛んでいるらしいことがわかりました。

 

さらには、風や磁場(磁石が北と南を指すように働く力)も利用して方向を決めているのではないかともいわれています。

 

それでも「迷鳥」といって、仲間とはぐれて迷う鳥もたまにはいるそうです。


[surfing_su_box_ex title="GPS"]Global Positioning System=全地球測位システムの略。アメリカが軍事用に打ち上げたGPS衛星のうち、上空にある数個の衛星からの信号をGPS受信機で受け取り、地球上にいる受信者が自身の現在位置を測定するためのシステム。[/surfing_su_box_ex]
[surfing_su_box_ex title="迷鳥"]台風などの自然災害の巻き込まれたり、近縁の鳥の群れにまぎれ込んだりして正常な渡り経路を外れ、本来の生息地や渡来地でない土地に飛来した鳥のこと。[/surfing_su_box_ex]

トップページへ

【生き物の雑学】一覧へ

コアラの子はお母さんのウンチを食べるの?

Sponsored Link

-生き物の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.