行動と心理の雑学

なぜ大人より子どものほうが暗記ものに強い?

子どもとトランプの「神経衰弱」をやって、負かされてしまったお父さんも多いのではないでしょうか。

複雑な脳の働きは子どもより大人のほうが発達していますが、神経衰弱のように脈絡のないものの暗記は、子どもにかなわないことがあります。

子どものほうが脳の中身が少ないので、ものを覚えやすいからだ、ともいわれるようですが、果たしてそうなのでしょうか。

実は「神経衰弱」をするとき、子どもと大人では覚え方が違います。

子どもは、トランプの配置を直接、地図のようにパターン化して頭の中に入れますが、大人は、理屈っぽく脈絡をつけて覚えようとします。

たとえば、「上から一段目で右から三枚目がハートのキングで。一つおいて隣が・・・」という具合です。

そうすると情報量が膨大になって、短時間ではとても頭に入りきらなくなります。

パターン化して覚えようとする脳の働きも抑えてしまいます。

それで、大人は子どもよりも「神経衰弱」に弱いのです。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-行動と心理の雑学

© 2020 暇人の雑学