役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

生き物の雑学

「メスのカマキリはオスを食べる」って本当?【生物の雑学】

カマキリのオスは、交尾が終わると自分の身体をメスの前に投げ出し、わざと食べられて栄養の足しにしてもらう、という話があります。

でも、本当にオスのカマキリはそんなお人好しなのでしょうか。

確かにカマキリのメスは、産卵のために猛烈な食欲を示し、近づくものは片っ端から捕まえて食べてしまう習性があります。

しかし、オスは決してわざと食べられているわけではないのです。

交尾の季節のなると、オスはいやでもメスに接近しなければなりません。

遠くからメスを見つけたオスは、気づかれないように何時間もかけて、背後から慎重に接近します。

無事に接近できると、一気にメスの背中へ飛び乗り、前肢のカマで相手を羽交い絞めにして交尾に入ります。

一時間ほどで交尾が終わると、オスは別のメスを探すため、さっさと立ち去ってしまいます。

しかし、交尾中に体勢が崩れたり、メスが後ろを振り返ったときは大変。

頭からバリバリと食べられてしまうこともあるのです。

どのくらいの確率で、オスはメスに食べられてしまうのか実験した、興味深いデータが残っています。

ビニールハウス、おすオス、メス20匹ずつのカマキリを放ち、21日間にわたって交尾行動を観察した結果、交尾中に共食いされたオスはたったの1匹でした。

しかもオス1匹当たり平均2.2回の交尾が観察されたそうです。

このことから、十分に広い空間であれば、共食いはそんなに起こらないとうことが明らかになりました。

しかし、いくら食べられる確率が低いといっても、オスにとっては交尾が命懸けの行動であることに変わりはありません。

コアラの盲腸の長さは人間の40倍!

【生き物の雑学】一覧へ

トップページへ

Sponsored Link

-生き物の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.