体と健康の雑学

酒をチャンポンで飲むと体に悪い!?

さんざん飲みまくった翌朝、何となく照れ隠しのためか「あんなにチャンポン(違う種類の酒を交互に飲むこと)で飲んだからなぁ」などと言い合うのですが、本当にチャンポンで酒を飲むと体に悪いのでしょうか。

自然に酒量が増えてしまうだけだと思うのですが。

ところが、チャンポンで飲むと実際に体に悪いのです。

酒は、種類によってアルコールの濃度が違います。

濃度が違えば、肝臓はいちいちそれに適応して、分泌する酵素の濃度を変えていかなければなりません。

これが、かなりの負担になるのです。

また、酒には糖分、アミノ酸、コハク酸など、100種類もの有機物質が含まれていますが、これも酒の種類によって変わるので、数種類の酒をチャンポンで飲めば何百種類にもなります。

肝臓は、これらに対しても一つひとつ対処し、毒を消したり有用なものに変えたりと、フル回転で働かなくてはなりません。

脳や神経機能は、すでにほろ酔い加減になっているというのに、えらい騒ぎです。

このような理由で、同じ量のアルコールを飲んだとしても、肝臓にかかる負担はチャンポンにしたほうが大きくなり、悪酔いしたり、二日酔いになったりするのです。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-体と健康の雑学

© 2020 暇人の雑学