役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

日常の雑学

なぜ「真っ赤な嘘」と言うの?【日常の雑学】

そういえば「真っ黄色な嘘」でもよさそうですが、そうは言いませんよね。

「赤」には「明らか」と同様の語源で「まったく」とか「すっかり」などの意味があります。

「真っ赤」は「赤」を強調しています。

 

もう一つの説が古代インド語であるサンスクリット語(梵語)の「マハー」から来ているというものです。

「マハー」は仏教用語として日本に伝わり「魔訶」と訳されています。

「摩訶不思議」という言葉で知られているように「魔訶」は、その下につく言葉を強調する意味を持っています。

 

とんでもない嘘のような場合、「マハーな嘘」から「魔訶な嘘」どんどん転じていって「真っ赤な嘘」となったというわけです。

 

色と組み合わせた嘘の表現として、英語では「ホワイト・ライ(白い嘘)」という言葉があります。

「罪のない嘘」という意味ですが、これはサンスクリット語とはまったく無関係です。

 

対義語は「ブラック・ライ(悪意のある嘘)」ですが、こちらはあまり使われていないようです。

魔訶
仏教語。優れていること、大きいこと、偉大なことを意味し、他の語や人名の上に付けられ賛美する言葉として用いられることも多い。

トップページへ

【日常の雑学】一覧へ

「しっぺ返し」の「しっぺ」ってなに?

Sponsored Link

-日常の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.