役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

歴史の雑学

歌舞伎役者をなぜ、「中村屋!」などと屋号で呼ぶのか?【歴史の雑学】

歌舞伎に詳しい人なら、市川団十郎は成田屋、尾上菊五郎なら音羽屋、中村歌右衛門なら成駒屋、中村勘三郎なら中村屋、市川猿之助なら澤瀉屋というように、役者の名を言わず屋号で呼びます、

屋号とは店の名前のこと。

歌舞伎役者は別に店を構えているわけではないのに、どうして屋号など持っているのでしょうか。

実は、この屋号は、役者が蔑まれ人並みの扱いをされなかった身分から、普通の人に這いあがるまでの、血と涙の結晶なのです。

人として扱われなかった時代の役者たちは、定住する場所もありませんでした。

河川敷などに建てられた芝居小屋の近くに小屋をつくり、ずっと惨めな暮らしをしていたのです。

ところが江戸時代になると、続々と名優が誕生。

その名演技が芝居への関心を高めるとともに、しだいに尊敬されるようになっていくのです。

そして、やがては身分が認められ、人並みの場所に住めるようになり、表通りに移り始めました。

ところがその頃は、表通りには商家しか建てられない規則があったのです。

どこで彼らは一計を案じます。

表向きは商家として、小間物屋などの看板を掲げた家を建てました。

その時の屋号が、今も使われているということです。

「元の木阿弥」って何のこと?

トップページへ

【歴史の雑学】一覧へ

Sponsored Link

-歴史の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.