体と健康の雑学

春に眠くなるのは「冬眠」のなごり

春になると、こっくり、こっくりと舟を漕ぐ人の姿が目立ちます。

春は寒さも緩み、のどかで、うたた寝には最高の季節。

ついまぶたが重くなります。

しかし、春にうたた寝が多いのは、気候がいいことだけが理由ではないようです。

一説によると、それは、冬眠から目覚めたために生じる反動なのだそうです。

冬眠といえば、クマやヘビを思い出します。

彼らは穴に閉じこもり、じっと眠ったままで冬を越します。

しかし、私たち人間は冬の間も起きたままで、せっせと働いたり勉強したりしています。

それが冬眠の反動であるとは、どういうわけでしょうか。

実をいうと、私たち人間も冬眠こそしませんが、体のほうは冬眠する体勢に入っているのです。

たとえば、冬になると人間の毛細血管は、他の季節のときに比べて縮まります。

これはエネルギーの消費を抑え、蓄えることで、冬眠に備えようとするものです。

そして、春が来るとその態勢が解除され、毛細血管が全開になり、エネルギーがどんどん供給消費されるようになります。

その疲労のために、春先は特にい眠りしがちになるそうです。

この私たちの体の冬眠現象は、ヒトに進化するずっと以前の、まだ冬眠の習性があった頃の名残といわれています。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-体と健康の雑学

© 2020 暇人の雑学