役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

行動と心理の雑学

「幸福度」が高い人のライフスタイルって?【行動心理の雑学】

更新日:

「100万ドルで君の妻と一夜をともにしたい」と言われたら、あなたならどうしますか?

 

これは、ロバート・レッドフォードとデミ・ムーア主演の『幸福の条件』(1993年)の有名なシーンです。

自分たちが幸福になるためには「金か、それとも愛か」の二者択一を迫られた夫婦は・・・。

その顛末は映画で見ていただくとして、幸福は国別ランキングや県別ランキングなど「どの国が」「どの県が」といった単位で幸福度を測っています。

 

ちなみに「世界幸福度ランキング」によると、2018年の世界でもっとも幸福な国はフィンランドで、日本は54位でした。

 

ちなみに「47都道府県幸福度ランキング」では、福井県が日本一幸福な件で、最下位は高知県でした(2018年)。

ただ、いくら幸福度が高い国、県に住んでいても、個々の人がすべて幸福というわけではありません。

 

そこで、幸福度が高い人はどんな人なのか、各種調査から検証してみましょう。

 

まず、どの調査でも「高齢になるほど幸福度が高い」という結果になっています。

とくに60代以上になるとピークに達します。

いわゆるリタイア組、シルバー世代です。

子育ても終わり、家のローンも返済して、自分の使命をやり遂げたということで幸福感があるのでしょう。

 

カルチュア・コンビニエンス・クラブがTカード会員を対象とした調査(2014年)では、幸せな仕事のトップに「専業主婦(主夫)」が挙がっています。

まさに、外で働かないで生活できる身分こそ幸福ということなのですね。

 

そして「幸福の条件」の上位2アイテムは、どの調査でも「お金」と「健康」です。

問題は3位です。

ある調査では「精神的なゆとり」となり、別の調査では「家族関係」が3位になっています。

なんと「幸福の条件」で二者択一を迫られた「愛」がベスト3に入っていないのです。

まあ、「家族関係=愛」ととれないこともありませんが・・・。


[surfing_su_box_ex title="世界幸福度ランキング"]国連が「世界幸福デー」に定めている3月20日に毎年発表している調査ランキング。世界115ヵ国が対象。2018年の上位10ヵ国は次の通り。1位:フィンランド、2位:ノルウェー、3位:デンマーク、4位:アイスランド、5位:スイス、6位:オランダ、7位:カナダ、8位:ニュージーランド、9位:スウェーデン、10位:オーストラリア。[/surfing_su_box_ex]
[surfing_su_box_ex title="47都道府県幸福度ランキング"]日本総合研究所が行っている国民幸福度調査。2018年調査結果によると、1位:福井県、2位:東京都、3位:長野県、4位:石川県、5位:富山県、6位:山梨県、7位:愛知県、8位:島根県、9位:滋賀県、10位:山形県。[/surfing_su_box_ex]

トップページへ

【行動と心理の雑学】一覧へ

殺人の過半数が親族同士!悲劇を未然に防ぐ方法って?

Sponsored Link

-行動と心理の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.