体と健康の雑学

二日酔いには迎え酒が効くのは麻薬が作用している!?

二日酔いには迎え酒が効くといううわさがあります。

実際、朝少し飲んだらすっきりしたという人も多いでしょう。

でもこれは、決して迎え酒が効いているわけではありません。

朝飲んだ酒が脳の中枢神経を麻痺させて気分をよくする、麻薬のような作用が働いてるだけなのです。

これで一時的には二日酔いの気分の悪さから逃れられますが、気分の悪さは倍増してしまいます。

また、肝臓に追い打ちをかけて痛めつけることになるので、迎え酒は体を壊すもとです。

二日酔いというのは、何も食べられなくなるくらい気持ち悪いことをいうのだと思いますが、これを解消するために勧めるとすれば、果物がいいでしょう。

果物の中のタンニンやペクチドが血中のアルコール濃度を抑え、果糖やブドウ糖がアセトアルデヒドの分解を促進するからです。

お酒を飲んだあとに頭痛がするのはなぜ?

トップページへ

【体と健康の雑学】一覧へ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-体と健康の雑学

© 2020 暇人の雑学