ルーツ・語源の雑学

ゴルフボールにクレーターのような窪みがあるのはなぜ?

ここのところ、ゴルフは子どもや女性の競技人口も増え、ますます人気スポーツになっているようです。

ところで、ゴルフボールを手に取ってみると、思ったより重いのがわかります。

これがよくあんなに飛ぶなあ、と思ったら、秘密がありました。

それは、ボールの表面にある、クレーターのような窪みです。

この窪み(英語ではディンプルと言います)が、空中を回転しながら飛んでいくときに空気抵抗を少なくしています。

それだけでなく、ボールに揚力を与える働きもしているのです。

実際に窪みのないボールとあるボールで実験してみたところ、窪みのあるボールのほうが3倍も遠くに飛んだそうです。

「バッテラ」とは、もともと”舟”のこと!

【ルーツの雑学】一覧へ

トップページへ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-ルーツ・語源の雑学

© 2020 暇人の雑学