科学の雑学

水はマイナス40度でも凍らないこともある

「水は0度で凍る」と、小学生の時に教わりました。

しかし、まったく不純物の混じらない水を、そっと振動を与えないようにして温度を下げていくと-15度くらいまでは液体の状態を保ちます。

確かに、氷は0度で溶けて水になりますが、その逆に、水は0度になっても必ず凍るとは限らないというのが正しいのです。

0度以下の水を過冷却水と言いますが、この過冷却水は、ちょっとでも揺らしたり、ごく細かいチリのようなものが入ったりすると、たちまち凍ってしまいます。

水を小さな粒子にすると、もっと温度が低くても液体のままでいます。

直径が1ミクロンくらいの小さな粒だったら、マイナス40度くらいまで液体のままでいることができます。

空に浮かんでいる雲は-20°くらいまでは液体のままでいるものが多いのだそうです。

水は0度で凍るものと、固く信じていたのに・・・。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-科学の雑学

© 2020 暇人の雑学