役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

日常の雑学

「蛇口」はもともと「龍口」だった?【日常の雑学】

日本に最初の上水道が誕生したのは明治20年の横浜です。

道路に設置された共用栓を使用していました。

これらの共用栓は、ほとんどがイギリスからの輸入で、ヨーロッパの水の守護神であるライオンの頭部の形をしていて「獅子頭共用栓(ししがしらきょうようせん)」と呼ばれていました。

 

その後、国産の共用栓が作られるようになり、日本の水神である龍をかたどったものになって、水は龍の口から出るようになりました。

それに伴って、正式名称を「蛇体鉄柱式共用栓(じゃたいてっちゅうしききょうようせん)」と呼ぶようになったことから、水の出るところを「蛇口」と呼ぶようになったのが現在の蛇口の語源だそうです。

形は龍なのに、呼び名が蛇なのはなぜでしょうか。

「水の神様の名前ではおそれ多いから」「伝説では龍は蛇の化身だから」などの、言い伝えもあります。

 

ところで2016年、イタリアの中部のアブルッツォ州に24時間365日、誰でも利用できるワインの「蛇口」ができたそうです。

キリスト教徒の巡礼ルートに設置されていて、巡礼を活性化させる支援プロジェクトの一つとして生み出されたとのことです。

 

また、ベルギーのブルージュという街では、2016年、郊外のビール醸造所から街の中心部にビールのパイプラインが繋がりました。

時速20キロほどのスピードで1時間あたり1500ガロン(約5700リットル)のビールが流れていると流れているそうです。

なんともうらやましい話ですが、さて、日本でもワインやビールが蛇口から流れ出てくる日はやってくるのでしょうか。


[surfing_su_box_ex title="上水道"]飲用が可能な水の公共的な供給設備。下水道や中水道と区別するための呼び方で、普通は「水道」と油布呼ぶ。水道の起源は、古代地中海沿岸辺りと考えられている。古代ローマでは、「ローマ水道」と呼ばれる巨大な上水道網を構築した。近代水道は1787年、パリで蒸気式揚水用ポンプが使われたことに始まる。[/surfing_su_box_ex]

トップページへ

【日常の雑学】一覧へ

瞬間接着剤はたっぷり塗ればガッチリくっつく?

Sponsored Link

-日常の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.