役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

食べ物の雑学

賞味期限を表示しなくても許される食品がある?【食べ物の雑学】

2012年、小豆島で 71年前に製造された缶詰 17個が発見されました。

旧海軍の物資で、中身はつやつや輝くお米にふっくらした小豆の「赤飯」でした。

検査の結果、最近は検出されず、おいしいかまずいかはともかく、食べられる状態だったということです。

 

現在では、缶詰、瓶詰など加工食品には、「賞味期限」か「消費期限」の期限表示が義務付けられています。

賞味期限とは、期限を過ぎても食べることができますが、味の保証はしないということです。

消費期限とは、期限以内に食べないと危険ということです。

 

しかし、加工食品でも、賞味・消費期限を表示していないものもあります。

それには、それぞれ特殊な理由があります。

たとえば、アイスクリーム。

マイナス18度以下で保存されるため、微生物が繁殖しないことと、品質が劣化しないことから、表示がないのです。

 

同様に、ハチミツも表示しなくてもいいです。

ハチミツには強力な殺菌作用があるため、菌が混入してもすぐに殺菌されるからです。

そのほか、砂糖や塩は、菌が繁殖するために必要な水分を奪うため腐敗することはなく、賞味期限を表示する必要がありません。

 

さらに酒類もアルコール度数 20度以上のものは腐らないため、表示がありません。

ただし、ビール、日本酒は味が劣化するため表示しています。


[surfing_su_box_ex title="ハチミツの殺菌作用"]グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)という糖質が成分の多くを占め、水分を引き込む作用で最近の侵入を防ぐ。[/surfing_su_box_ex]

トップページへ

【食べ物の雑学】一覧へ

冷蔵庫は置き場所によって電気代が違う?

Sponsored Link

-食べ物の雑学

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.