生き物の雑学

コウテイペンギンは4ヶ月間も断食をする!

ヨチヨチ歩きが何ともかわいいペンギンは、見ての通り空を飛ぶことができません。

というより、主に海の魚をエサにしている彼らは、飛ぶ必要がないのです。

その代わり、最高時速60キロメートルとうスピードで、それこそ飛ぶように泳ぐことができます。

潜水もお手のもので、大型のコウテイペンギンになると最高深度265メートル、時間にして20分近く潜ることができます。

水の中では魚顔負けの能力を発揮するペンギンも、卵は陸上で産まなくてはなりません。

コウテイペンギンの棲む南極は、エサとなる魚が豊富な上、外敵が少ないという好環境ですが、卵を産んで子を育てるとなれば、この極寒の地は決して恵まれた環境とはいえません。

コウテイペンギンのメスは岸から遠く離れた場所で卵を産むと、さっさとエサをとりに海へ行ってしまうので、卵を温めるのはオスの役目。

卵を氷の上に置いたままでは凍ってしまうため、オスは直立したまま足の甲の上に卵を乗せ、垂れ下がったおなかの皮ですっぽりと包みます。

こうして、気温零下40度、風速20メートルのブリザード(雪の嵐)が吹き荒れる中、卵がかえるまでの60日間、そしてヒナがかえってからもかなりの間、ひたすら頑張ります。

メスが交代に戻ってくるまで、約120日も断食しなければならず、オスの体重は半分近くなってしまうそうです。

「皇帝」という名前の割に、その生活はなかなか厳しいようです。

イルカが泳ぎながら眠る驚きの方法

【生き物の雑学】一覧へ

トップページへ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-生き物の雑学

© 2020 暇人の雑学