生き物の雑学

イルカが泳ぎながら眠る驚きの方法

バンドウイルカは、ほとんど眠らずに泳ぎ続けているそうです。

イルカは、はじめ陸に生息し、後に水中生活をするようになった哺乳類で、肺呼吸をします。

水面に浮かんだ状態のときか、水底に潜ったわずかな時間に少し眠るだけで、水中で眠り続けると呼吸ができなくなり、やがて死んでしまいます。

ところが、泳いでいる姿をよく観察すると、片目をつぶっていることがあります。

そのときの脳波を調べると、目をつぶっているほうの脳だけが眠っていました。

ずっと泳ぎ続けているように見えますが、左右の脳を片方ずつ交互に眠らせていたのです。

人間も、居眠りをするときに左右の脳を交互に眠らせることができれば、電車で乗りすごしたりしなくていいのに、とおもいますが。

サルの社会にも売春がある

【生き物の雑学】一覧へ

トップページへ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-生き物の雑学

© 2020 暇人の雑学