生き物の雑学

イモムシ・カタツムリ・ナメクジ・・・一番足が速いのは?

イモムシ・カタツムリ・ナメクジ。

どれものろいのはわかっていますが、あえて一番の駿足はどれなのか考えてみましょう。

まず、イモムシの時速は18~30メートル。

1分間では30~50センチしか進めません。

これは人間が一瞬にして踏み出す一歩の歩幅よりも短いものです。

しかし、カタツムリ、ナメクジなどの軟体動物組はもっと遅く、時速6メートル。

全身を曲げたり伸ばしたりしながら進むイモムシに、かなりの差をつけられてしまいます。

平たい足を波状にうねらせて進むだけなのですから、速いはずがありません。

しかし、カタツムリとナメクジには、カミソリの刃の上でも歩けるという特性があります。

スピードでは負けてしまいますが、イモムシにはない特技を持っているのです。

海水魚を淡水に入れるとどうして死ぬのか?

【生き物の雑学】一覧へ

トップページへ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-生き物の雑学

© 2020 暇人の雑学