スポーツの雑学

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】マラソンの42.195キロメートルはイギリス王女までの距離

陸上競技の花形・マラソンは、古代ギリシャのマラトンの戦いの故事によるものであると知られています。 戦場のマラトンの丘から、伝令のフェイディビデスが戦いの勝利を伝えるためにアテナイの城門まで走り続け、伝 ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】競馬ファンでなくても楽しくなる珍馬名とは?

競走馬の馬名は2文字以上9文字以内と決められていて、宣伝的な名前や公序良俗に反する名前は付けられません。 しかし、珍名はたくさんあります。   ポータルサイトのgooが行った2015年「応援 ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】聖火リレーはあのヒトラーが始めた?

近代オリンピックの聖火が始まったのは1928年・第9回アムステルダム大会です。 この大会から初めて聖火台が取り入れられました。 しかし、オリンピック発祥のギリシャのオリンピアで採火され、はるばるリレー ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】スポーツの世界では左利きが有利?

ピンクレディーの歌「サウスポー」を聴いて育った人は、野球を知らなくても「サウスポー」といえば左投手のことだと分かるはずです。 サウスポーは、south(南)とpaw(動物の足、あるいはごつい人の手)が ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】オリンピックの金メダルは実は銀メダルだった?

「ずっしりと重たいですね」とはオリンピックメダリストのインタビューでよく聞く言葉です。 2016年のリオデジャネイロ大会の金メダルは500グラムと、オリンピック史上もっとも重たいメダルでした。 &nb ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】五輪メダリストでノーベル賞を受賞した人物

オリンピックのメダリストがスポーツ界最大の栄誉なら、ノーベル賞受賞者は学術界最大の栄誉です。 この両方の栄誉を手に入れた男がいることをご存じでしょうか。 その男とはイギリス人のフィリップ・ノエル・ベー ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】キセルをしてメダルを剥奪されたマラソン選手がいる?

オリンピックでは、過去にドーピングによってメダルが剥奪された例が数多あります。 しかし近代オリンピックの草創期には、とんでもない不正でメダル剥奪(正確には失格)という事件が起きていました。 それは、1 ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】五輪女子競技の初優勝者はメダルをもらっていない?

今日、オリンピックに参加する選手の男女比はほぼ5対5になりました。 ほとんどの競技に女子が参加できるようになったことが、その理由です。 しかし、過去を振り返ると第1回アテネ大会(1896年)は男子のみ ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】人には言えない「恥ずかしい」ドーピング検査とは?

アスリートと「ドーピング」の関係は、実に根深いです。 近代スポーツでは、1800年代からドーピングの事例が報告されています。   ドーピングは年々厳格となり、アスリートは常にドーピング検査に ...

スポーツの雑学

【スポーツの雑学】行司の掛け声「はっけよい、残った、残った」の意味。

1990年代に空前の「若貴ブーム」を巻き起こした、若乃花、貴乃花を覚えていますでしょうか。 あれから数十年たちましたが、いま再び相撲ブームが到来しています。 しかも「スー女」と呼ばれる女性ファンが急増 ...

Copyright© 暇人の雑学 , 2020 All Rights Reserved.