役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

自然の雑学

自然の雑学

なぜ海の水はしょっぱいのか?【自然の雑学】

海の水がしょっぱい理由については、岩石に含まれる塩分が雨で溶けだし、川から海へ流れ込んだという説がよく知られています。

自然の雑学

世界でもっともしょっぱい海はどこ?【自然の雑学】

潮の流れのおかげで、海の水はどこも一定の濃度に保たれているかというと、決してそうではありません。 海の水分が太陽の熱で蒸発すれば塩分は濃くなり、雨水が河川を経て流れ込めば塩分は薄くなります。

自然の雑学

海面と海底、海水が濃いのはどっち?【自然の雑学】

海域によって塩分濃度が少しずつ違うことがわかっています。 では、同じ海域にある一点をとり、浅いところと深いところを比べると、どう違うと思いますか。

自然の雑学

水平線の彼方までの距離は、たったの4.3キロメートル【自然の雑学】

沖を眺めれば、はるか彼方に水平線。 とうてい泳いでなんてたどり着けそうにない、海の果てのように見えます。 ところが実際は、ちょっとした遠泳でたどり着ける距離なのです。

自然の雑学

地図上の海岸線は、満潮の時?干潮の時?【自然の雑学】

海岸線は、潮の満ち引きによって100メートル以上も変化することがあります。 島が陸続きになってしまったり、小島が突然ぽっかり現れたりと、刻一刻と変化しているのです。

自然の雑学

「雲の名前」あなたはいくつ知っていますか?【自然の雑学】

雲の形は千差万別。 刻々と姿を変えながら流れていく雲を見ていると、これが何雲なのか分からなくなってきます。 大ざっぱに分けると、雲は形や高さなどから10種類に分類できます。

自然の雑学

「夕焼けがでると翌日は晴れる!」の根拠【自然の雑学】

「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」 気象学などなかった時代に、人々が長い期間をかけて観察と経験から生み出したことわざです。 朝、空が赤くなると、やがて天気が崩れ、逆に夕焼けがでた翌日は晴れるという意味なので ...

自然の雑学

「雷は金属をめがけて落ちる」というのはウソ!【自然の雑学】

雷が鳴ったとき、金属を持ったり身につけたりしていると危ない、とよくいわれます。 果たして雷は、本当に傘などの金属をめがけて落ちてくるのでしょうか。

自然の雑学

森林浴はどんな病気に効くのか【自然の雑学】

ドイツには黒い森(シュバルツバルト)と呼ばれる広大な森林地帯があり、その中につくられた保養所は、古くから大病をした人のリハビリテーションに使われていました。 まさに、森林浴をして健康を取り戻そうとする ...

自然の雑学

「星の砂」は生き物の死骸【自然の雑学】

沖縄の竹富島などに多く見られる星の砂は、砂といっても、本当は砂での土でも石でもありません。 その正体は、有孔虫という生物の殻です。

自然の雑学

台風はどうして秋に集中するのか?【自然の雑学】

年によっては、梅雨の季節に台風が上陸したり、12月になっても台風がやってきたりする当たり年もありますが、普通の年はだいたい秋に台風が集中しています。 なぜ、春や夏ではなく秋に集中しているのでしょうか。

自然の雑学

「霧」と「靄(もや)」の違いとは?【自然の雑学】

いきなりですが、ここで三択クイズです。 「霧」と「もや」はどう区別するのでしょうか?

自然の雑学

植物に話しかけると良く育つ?【自然の雑学】

もちろん、植物が人間のように声を出して話をすることはありません。 でも、人間にも目や視線、手話といった具合にいろいろなコミュニケーションがあるように、植物同士もコミュニケーションをしています。 アメリ ...

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.