役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

歴史の雑学

歴史の雑学

ビールはメソポタミアの時代から飲まれていた【歴史の雑学】

世界中で多くの人に親しまれているビール。 でも、意外なほど古くから飲まれていることは、あまり知られていません。 紀元前3000年ころにはもう、メソポタミアに世界最古の都市国家をつくったシュメール人が、 ...

歴史の雑学

世界最古の法律「ビールを薄めたら死刑」【歴史の雑学】

世界最古の法律というと、バビロニアのハンムラビ王がつくったハンムラビ法典。 ここには、ビールを水で薄めると溺死刑にすると定められているそうです。

歴史の雑学

古代ギリシャは熱い料理を手で食べるのが礼儀【歴史の雑学】

フォークが食卓に登場するのは意外に最近のことで、17世紀に入ってからです。 箸のほうは3000年もの歴史を持つというのに、あんな単純な道具が出てくるまでに、これほど時間がかかるとは驚きです。

歴史の雑学

古代ギリシャの主婦は驚くほど健康志向!だった?【歴史の雑学】

古代ギリシャ人は現代人と同じく、食物と健康の関係に大いに関心を持っていました。 もてなしの献立も、食道楽というよりは、健康に重点を置いて立てられています。

歴史の雑学

むか~し、石鹸は飲み薬だった!?【歴史の雑学】

江戸時代には、すでに一般家庭でも石鹸を使って、たらいで手を洗っていました。 でもこの石鹸、あくを小麦粉で固めたもので、まんじゅうをふくらますのに用いるとありますから、現在の石鹸とはちょっと違うようです ...

歴史の雑学

奈良時代の貴族の健康食はチーズ!?【歴史の雑学】

”醍醐味”という言葉がありますが、この「醍醐」とは牛乳を煮詰めて一晩寝かせたものから「蘇」というものをつくり、さらにこれを煮詰めてクリーム状にしてもう一晩ねかせたもののことだそうです。

歴史の雑学

江戸時代の銭湯はサウナそのもの!?【歴史の雑学】

風呂の語源は「室(むろ)」で、もともと岩屋(岩壁に掘った穴)での蒸し風呂を指していました。 一定料金を取って入浴させる銭湯も、江戸時代のはじめは蒸し風呂でした。

歴史の雑学

平安時代、天皇の入浴はこんなにも大変だった。【歴史の雑学】

平安時代の人はめったに風呂に入らなかったので、におい消しのために香をたきしめていといいます。 垢で黒光りしている光源氏なんて、100年の恋もいっぺんに覚めそうですが、それでもたまには風呂に入っていたよ ...

歴史の雑学

古代都市の驚きの下水システム【歴史の雑学】

今から4500年前、日本では縄文時代にあたる頃。 その時代に、インダス川流域に栄えていたモヘンジョ・ダロやハラッパーといった都市には、すでに下水道が完備されていたというから驚きです。

歴史の雑学

1000年前からあった「酵素洗剤」とはどんなもの?【歴史の雑学】

「バイオから生まれた酵素洗剤」などと聞くと、酵素で汚れを落とすのはつい最近の発明のように思えてしまいますが、実際は1000年も前から行われていたようです。

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.