役に立ちそうもない雑学を集めています。ちょっとした暇つぶしにどうぞ。知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?2~3分程度で読めるトリビアばかりです。

食べ物の雑学

食べ物の雑学

「白ビール」の原料の正体は?【食べ物の雑学】

「白いビール」があるのをご存じでしょうか。 名前は「ベルリーナ・ヴァイセ」と言って、ドイツで1800年代後半からつくられているものです。

食べ物の雑学

二日酔いしない酒の肴の決定版!【食べ物の雑学】

二日酔いが怖いならそんなに飲むな、との声をごもっともだと思いつつ、つい度を越してしまう。 そんな意志の弱い飲んべえにおすすめなのが、次にあげる肴です。

食べ物の雑学

魚以外のつまみも「さかな」という理由【食べ物の雑学】

「さかな」はもともと日本人が使っていた大和言葉で、本来は「酒に添えるもの」とう意味です。

食べ物の雑学

ビールの大ビンが633ミリリットルと半端な容量の理由【食べ物の雑学】

さまざまな嗜好に対応して、多くの銘柄があるビールですが、相変わらずなのが大ビンの容量。 633ミリリットルと半端な数字ですが、これにはワケがあるのです。

食べ物の雑学

ビールは注ぎ方でおいしさが変わる!【食べ物の雑学】

ヨーロッパで本場のビールを飲んできた人は、日本のビールの味にどうも納得できないものを感じるようです。

食べ物の雑学

フランス人がワインを飲むのは水道水がまずいから【食べ物の雑学】

世界的に見ても、日本のように水道水がそのまま飲める国は珍しいとか。 硬度の高いヨーロッパの水は、そのまま飲むには苦みが強すぎるからです。

食べ物の雑学

「和牛」と「国産牛」の違いとは?【食べ物の雑学】

当たり前の話ですが、牛には牛肉と乳牛があり、肉牛のうち最高級のものを「和牛」と銘打っています。 一方の乳牛、忘れてしまいがちだけれど、乳牛にだってオスがいるのです。

食べ物の雑学

ヨーロッパで食べる日本食がおいしくないワケ【食べ物の雑学】

各国の水の違いは、料理法まで変えてしまいました。 素材の持ち味を生かした薄味が身上の日本料理は、やはり水のおいしさがあってこそできるもの。

食べ物の雑学

ハンバーガーは「ロシア生まれ」って本当!?【食べ物の雑学】

「アメリカの食べものといったらハンバーガー」といわれるくらい、アメリカとハンバーガーは切っても切り離せないイメージがあるようです。 しかしこのハンバーガー、起源をたどればロシア料理が変化したもの。

食べ物の雑学

「肉は鮮やかな赤色のものが新鮮!」とは限らない!【食べ物の雑学】

店頭で牛肉を選ぶとき、鮮やかな赤身の肉と、暗い赤紫の肉が並んでいたら、さて、どちらを選びますか。 鮮やかな赤身のほうが新鮮でおいしそうに見えるのですが、実は正反対。

Copyright© 暇人の雑学 , 2019 All Rights Reserved.