地球の雑学

地球の雑学

酸素があると生きていけない生物がいる!?

人間にとっては、ひと時も欠かせない酸素。 そのため、空気の少ない6000メートル級の山に登るときは酸素ボンベをつけていきますし、水中で呼吸を止めていられるのもせいぜい数分のこと。

地球の雑学

おいしい水は寿命を延ばす!?

人間は、水がなければ生きていけません。 それもそのはず、体の約6割か7割ほどが水分なのですから。

地球の雑学

太陽活動が盛んになると病人が増える!?

地球は大きな磁石のようなもので、一定の磁気を持っていますが、それが太陽によって乱されることがあります。 太陽黒点は大きな磁力を持っているので、この近くで爆発が起こると地球の磁場が乱れ、特にひどく乱れる ...

地球の雑学

夕陽が昼間の太陽よりも大きく見える理由

夕日は、不思議なことに昼間に頭の上にあった太陽よりもずっと大きく見えます。 このことを、中国の孔子も不思議に思って証明しようとしましたが、うまく説明できませんでした。

地球の雑学

黒い雲から強い雨、白い雲から弱い雨が降るワケ

雨が降りそうなとき、空を見上げて雲の様子を見れば、経験的にどんな雨が降るか予想が付きます。

地球の雑学

温室は植物にとっては厳しい環境だった!

「温室育ち」というと、過保護に育てられたもやしっ子を思い起こさせますが、実際の温室は、意外にも植物にとって厳しい環境にあるようです。

地球の雑学

有害物質が含まれている身近な野菜とは

私たちが食べている野菜は、先人たちの試行錯誤の結果、選び抜かれ、改良され、栽培されてきた食用植物です。 味や栄養、利用法にも優れ、少なくとも無害な作物といえます。

地球の雑学

サボテンには、なぜトゲがあるの?

果てしなく広がる砂漠にニョキッと生えたサボテンは、西部劇には無くてはならない存在です。 砂漠とサボテンは切っても切れない関係のようですが、実はサボテンはあまりか大陸にしか分布していないので、ほかの砂漠 ...

地球の雑学

クジラは、なぜ哺乳類なのに水中で生活できるのか?

プールに潜ればわかるように、私たちは、水中では一分ほどで苦しくなってしまいます。 とても、水中生活ができるほど息を止めてはいられませんが、はたして私たちと同じ哺乳類のクジラは、どのくらい水に潜っていら ...

地球の雑学

木陰が涼しいのは「日差しを遮るから」だけではない!

真夏の都会は、アスファルトやコンクリートなどからはね返る熱や、冷房から出る熱風でむせ返っています。 場所によっては、気温が45度以上になることもあり、まさに ” コンクリートジャングル ” です。 そ ...

© 2020 暇人の雑学