生き物の雑学

生き物の雑学

【生物の雑学】貝にある舌のような物体、実は”足”

アサリやハマグリなどの二枚貝には、二本の管と、何やらベロベロした舌のようなものがついています。 管の役目は水を吸う口と吐き出す口です。

生き物の雑学

【生物の雑学】クラゲの針の”意外と高度”な仕組みとは?

夏も終わりになる頃、海水浴場にはクラゲが押し寄せてきます。 刺されたことのある人ならご存知でしょうが、しびれたような痛みや真っ赤な腫れるようは虫刺されの比ではありません。 あの嫌な相手の襲来に備えて、 ...

生き物の雑学

【生物の雑学】「焼酎一杯グーイ」と鳴く鳥がいる!?

「ウグイスの鳴き声は?」と聞かれれば、ほとんどの人が「ホーホケキョ」と答えるはず。 ところが、同じ質問を外国人にしても、決してホーホケキョとは答えません。

生き物の雑学

【生物の雑学】ハエにとって人間の世界はどのくらい快適?

ゴキブリと並んで嫌われ者のハエ。 でも、三億年以上の歴史のあるゴキブリと違って、ハエのほうは新参者。 だから、ハエが地球上で、生活しようとしたときは、どこも別の昆虫でいっぱい。 その中に割り込むのは、 ...

生き物の雑学

【生物の雑学】野生のアライグマはエサを洗わない

動物園の中でも、愛嬌があって特に人気があるのがアライグマ。 この名前が、食事前にエサを洗う習慣があることから名づけられたことはよく知られています。 ところが、その名前の由来、実は大間違いだったのです。

生き物の雑学

【生物の雑学】ニワトリはなぜ一年中卵を産むの?

養鶏場のニワトリは、実にたくさんの卵を産みます。 一羽につき年平均で275個ぐらいだといいますから、ほかの鳥類に比べればそうとうな多さです。 そもそもたいていの鳥は、年がら年中季節を問わずに卵を産んだ ...

生き物の雑学

【生物の雑学】「カメは万年」というけど、本当の寿命はどのくらい?

万円といえば、100世紀。 いくら長寿ナンバーワンの生き物だからといっても、カメが100世紀も生きるとはオーバーです。

生き物の雑学

【生物の雑学】サバンナのスプリンター、チーターの致命的な弱点とは融通がきかないこと

陸上動物の駿足ナンバーワンといえば、チーター。 長い脚のつけ根は筋肉がよく発達し、走るときもむき出しの爪がスパイク代わりになって、猛ダッシュをかけることができます。

生き物の雑学

【生物の雑学】カツオが不眠不休で泳ぎ続ける理由

流線型のスラリとした体を持つカツオは、見るからに泳ぎが速そうです。 実際、スピード自慢の大型回遊魚の中でも、カツオはトップクラス。 泳ぐ速度は時速160キロを超えます。 泳ぐというよりは、突進すると表 ...

生き物の雑学

【生物の雑学】フクロウは暗闇でも目が見えているワクでなはい。

フクロウは夜に活動するので、暗闇でも目が見えているのでは、と思ってしまいます。 でも、実は、その目の性能は人間と同程度なので、これは過大評価です。

Copyright© 暇人の雑学 , 2020 All Rights Reserved.