生き物の雑学

生き物の雑学

ヘビはなぜ、足がないのにスルスルと動けるの?

アオダイショウなどは毒蛇ではないとわかっていても、やはりいい気持ちはしません。 ヘビをペットとして飼う人が増えているとはいうものの、ヘビ好きの人がまだかなりの少数派であるところを見ると、よほど人間と相 ...

生き物の雑学

都会に暮らすハトは野鳥?

「三枝の礼」という言葉があります。 これはハトの習性から生まれたもので「ハトの子は親が止まった枝より三つ下の枝にとまる習性がある。そのハトが親を敬う姿を見習いなさい」という意味です。 本当にそういう習 ...

生き物の雑学

水鳥は足を氷水につけたままでも冷たくない!

冬、氷の張った池で、カモやハクチョウ、サギなどの水鳥が泳いでいたり、足を水につけて立っている姿を見かけたことがあると思います。

生き物の雑学

鳥はなぜ、電線や枝で立ったまま眠れるのか。

立ったまま眠るということでは、鳥ほど上手なものはいないでしょう。 木の枝や電線に止まったまま眠るものもいれば、鶴のように一本足で立ったまま眠るものもいます。

生き物の雑学

ガはチョウの先祖!?

チョウとガ、似たような姿をしていながら、一方は色鮮やかで華やかで優美なのに、もう一方は陰気で毒々しい見た目。 それにガは触角も太くて、とても不気味な感じがします。

生き物の雑学

シカが我が子を守るための凄い作戦!

鹿が我が子を守る知恵にはすごいものがあります。 ほっそりとした足が語るように彼らにとっては脚力だけが命綱で、肉食獣に追いかけられると、とにかく猛スピードで走ります。

生き物の雑学

チンパンジーよりゴリラの方が優しい

昔、東京の多摩自然動物公園で実際にあった話です。 ゴリラを見ていた子供が、塀から体を乗り出しすぎて掘りに落ちてしまいました。 すると、それを見たゴリラが自分も堀に下り、泣いている子供のそばに行ったので ...

生き物の雑学

昆虫が死ぬと仰向けになるのは本当の休息の姿になるから

セミ、クワガタ、コオロギ、てんとう虫など、昆虫の死骸はほとんど決まって仰向けの格好しています。 これはどうしてなのでしょう。

生き物の雑学

コオロギの鳴き声は”口説き”と”脅す”ための命がけの歌

秋の夜、草むらから「リーンリーン」「コロコロコロ」と虫たちの澄んだ音色が響いてきます。 スズムシ、マツムシ、スズムシに似たカンタンなど、これら秋の名演奏家たちは全てコオロギの仲間です。

生き物の雑学

獲物をくわえたワニが水中でも溺れない呼吸法

ワニと言うと獰猛な動物というイメージがあります。 川で泳いでいると岸からスルスルとやってきて、大きな口を開けて襲いかかる、そんなシーンを思い出す人も多いでしょう。

© 2020 暇人の雑学