生き物の雑学

生き物の雑学

「ウサギさんの耳はどうしてそんなに長いの?」

ふだんはちょこんと跳ねて立ち止まり、耳をすましてまた跳ねて、を繰り返しているウサギですが、その気になれば相当なスピードで走れます。 野ウサギが敵に追われたときなど時速70キロで逃げるそうですから、その ...

生き物の雑学

5か月間も海に潜ったままのカメがいる!?

「鶴は千年、亀は万年」というように、亀は長寿のシンボルとして、おめでたい動物の一つに数えられています。 現在、世界中には約240種類のカメがいます。 陸性、水性、水陸両性、海洋性の4タイプに分かれ、体 ...

生き物の雑学

ハゲワシの頭は何のためにハゲているのか?

ハゲワシやコンドルなどは不気味な動物です。 どうやって嗅ぎつけるのか、獲物を食べているところにいつの間にか集まっていて、あの鋭い目でじっと隙をうかがっている姿。 それだけならまだしも、むさぼるように死 ...

生き物の雑学

大型の恐竜はなぜ、首としっぽが長くなったのか?

ブラキオサウルスやアパとサウルス、もっと大きなウルトラサウルス、スーパーサウルス、いずれも大型恐竜は首としっぽが長かったようです。

生き物の雑学

始祖鳥が最古の鳥というのはウソ

始祖鳥は、爬虫類と鳥類の中間の性質を持っていて、鳥類が爬虫類から進化したことを示す化石として有名です。 ズバリ名前通り、鳥類の起源ともいわれています。

生き物の雑学

空を飛べない始祖鳥の翼は何のためにあったのか?

始祖鳥の翼は、羽毛の少なさと翼の面積、それに体の重さから考えると、空を飛ぶというようなシロモノではなかったようです。 高いところから飛び下りるくらいが精一杯というところでしょうか。

生き物の雑学

セミはいつ脱皮しているのか?

夏になると、木の幹にくっついているセミの抜け殻をよく目にします。 子どもの頃、この抜け殻集めに夢中になったという人もいるのではないでしょうか。

生き物の雑学

ヘビはなぜ、足がないのにスルスルと動けるの?

アオダイショウなどは毒蛇ではないとわかっていても、やはりいい気持ちはしません。 ヘビをペットとして飼う人が増えているとはいうものの、ヘビ好きの人がまだかなりの少数派であるところを見ると、よほど人間と相 ...

生き物の雑学

都会に暮らすハトは野鳥?

「三枝の礼」という言葉があります。 これはハトの習性から生まれたもので「ハトの子は親が止まった枝より三つ下の枝にとまる習性がある。そのハトが親を敬う姿を見習いなさい」という意味です。 本当にそういう習 ...

生き物の雑学

水鳥は足を氷水につけたままでも冷たくない!

冬、氷の張った池で、カモやハクチョウ、サギなどの水鳥が泳いでいたり、足を水につけて立っている姿を見かけたことがあると思います。

© 2020 暇人の雑学