心理テスト

心の本音が分かる「ビジネス・仕事」のヤバい心理テスト

ヤバい心理テスト①
知らない街で、飛び込み営業を始めるあなた・・・

[su_note]あなたはいま、知らない街で営業に出かけようとしています。

もちろん、アポなしの飛び込み営業。

「先導役」として、連れて行くとしたら、どの動物を選びますか?[/su_note]

❶カラス

❷フクロウ

❸サル

❹タヌキ

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

営業職に向いているか、どうかが明らかになってしまう深層心理テスト。

このテストでは、あなたが営業に向いているかどうかが、わかります。

[su_note]営業の素質は、「知らない街」で「アポなしの飛び込み」というシチュエーションで試されます。

「カラス」「フクロウ」「サル」は、日本や西洋では眷属、「タヌキ」は怠け者の象徴です。

それぞれ特徴が秘められているのです。[/su_note]

❶「カラス」と答えたあなた

「カラス」を選んだあなたは、「営業」は「情報」が勝負だと思っています。
「情報」を重視するあなたは、新規開拓営業に向いています。
また「カラス」は「ひらめき」「アイデア」の暗示もあり、あなたは「ひらめき」と「アイデア」で、顧客開拓を推し進められるタイプです。

❷「フクロウ」と答えたあなた

「フクロウ」を選んだあなたは、「知恵」「知識」を重視するタイプ。
「知恵」「知識」も机上での作業が中心になりますので、身体を動かすタイプではなく、営業に向いていないかも。
どちらかというと研究者タイプ。
室内で作業をする仕事が適職かもしれません。

❸「サル」と答えたあなた

「サル」を選んだあなたは、「上下関係」を重んじる傾向があります。
そのため、営業は適職と言えます。
上司の指示を守り、どんなに困難でも新規開拓に出かけるあなたは、行動的でもあり、上司に好感をもたれます。
営業で才能が開花するかもしれません。

❹「タヌキ」と答えたあなた

「タヌキ」を選んだあなたは、生来が「働くのが面倒」な人。
活動的ではなく、そのため営業向きではないでしょう。
人と飲んだり食べたりして交流することは大好きなので、職場のまとめ役、総務のような仕事が向いています。
お祭り好きでもあります。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト②
2つの企業グループを見てあなたが関心があるのは、どっち?

[su_note]企業グループが、2つあります。

自動車、出版社、時計の業界から、それぞれ代表的な企業を選んであります。

あなたはどちらのグループに関心がありますか?
(好感をもてますか?)[/su_note]

❶トヨタ、集英社、シチズン

❷ホンダ、マガジンハウス、セイコー

❸どちらも特に関心がない

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

販売重視か、技術重視か、潜在的な適性が表れる深層心理テスト。

このテストでは、あなたが営業タイプか、技術者タイプか、わかります。

[su_note]「顧客」「需要」を重視した「営業・販売」のトヨタ・集英社・シチズンに対して、「技術」「面白さ」「嗜好」重視のホンダ・マガジンハウス・セイコー。

どちらに関心、好感を持つかで、あなたの潜在的な適性が暗示されます。[/su_note]

❶「トヨタ、集英社、シチズン」と答えたあなた

「トヨタ、集英社、シチズン」を選んだあなたは、「技術」よりも「営業」「販売」を重視する企業に関心があります。
この3社は業界一の「営業力」「販売力」を誇っています。
その点であなたは「営業系の職」が向いているといえます。

❷「ホンダ、マガジンハウス、セイコー」と答えたあなた

「ホンダ、マガジンハウス、セイコー」を選んだあなたは、「営業」「販売」よりも、「技術」を重視する企業に関心を持っています。
その点であなたの潜在意識には、職人気質があるようです。
仕事としては、「技術職」に向いているといえるかもしれません。

❸「どちらも特に関心がない」と答えたあなた

「どちらも特に関心がない」を選んだあなたは、企業の特徴に特に関心を向けていないようです。
「営業」「技術」どちらにも特に関心、こだわりはないが、職につけば、それなりに頑張るタイプ。
となると、取りあえず営業について様子を見れば自分の進むべき道がわかるかも。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト③
疲れて帰った1人の部屋 突然、クモがあらわれました

[su_note]夜遅く、仕事から帰って1人で部屋でマッタりしている時、クモが天井から糸を伝わっておりてきました。

そして、あなたのすぐそばを移動していきます。

さて、あなたなら、どうする?[/su_note]

❶放っておく

❷ティッシュで殺さないようにつまんで、まどの外に投げる

❸たたいて殺す

❹「あっち行け!」と手ではらう

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

苦手な部下に対する態度と関係性がわかってしまう深層心理テスト。

このテストでは、あなたが苦手な部下に対する態度が、わかります。

[su_note]「1人」「自分の部屋」「マッタりしている」とは、落ち着いた、余裕のあるシチュエーション。

そこにあらわれたクモ(小さな生き物)とは、自分より下にいる人間、つまり「部下」を暗示しています。[/su_note]

❶「放っておく」と答えたあなた

「放っておく」を選んだあなたは、苦手な部下に対しては、放任主義を決めこみます。
あれこれ支持しないかわりに、仕事の内容、結果にもうるさく言いません。
要するに「無視」します。
相手も、あなたの態度に気づいて、ますます2人の関係はまずくなるでしょう。

❷「ティッシュで殺さないようにつまんで、まどの外に投げる」と答えたあなた

「ティッシュで殺さないようにつまんで、まどの外に投げる」を選んだあなたは、苦手な部下に対して、思いやりはありますが、ナメられやすいタイプです。
あなたのよさに気づいて、改心するまでは、この部下はあなたの頭を悩ませ続けるでしょう。

❸「たたいて殺す」と答えたあなた

「たたいて殺す」を選んだあなたは、苦手な部下を毛嫌いして、寄せつけません。
「職場からいなくなればいい」と思っているので、相手にもそれは伝わります。
2人の関係はずっと平行線のまま、どちらかが職場からいなくなるまで、この関係は続きます。

❹「『あっち行け!』と手ではらう」と答えたあなた

「『あっち行け!』と手ではらう」を選んだあなたは、苦手な部下に対して「私は君が苦手だ」とはっきり意思を表明します。
すると、その後は部下の出方次第になり、職場の秩序は保たれます。
あなたの態度は明確なので、事態が今以上に悪化することはありません。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト④
突然、あなたを襲う大地震 その時あなたは・・・

[su_note]冬のある日、突然、大地震が起きます。

家は倒れず、あなたは助かりました。

しかし電気は遮断され、暖房器具が使えません。

石油ストーブは押入れにありましたが、灯油がありません。

その時、隣の全壊したい家の庭に灯油の入ったポリ缶を見つけました。

さて、あなたは・・・?[/su_note]

❶とりあえずいただいて使う

❷やはり人のものなので、そのままにしておく

❸近所の、同じように助かった被災者と相談してみる

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

仕事上の問題が起きた時の、あなたの攻撃性がわかる深層心理テスト。

このテストでは、あなたが職場でどのように批判するかが、わかります。

[su_note]「地震」「倒壊」「電気の遮断」という非日常のシチュエーションでは、あなたの「本性」が明らかになります。

「冬」で「暖房がない」切羽詰まった状態は、「本性」の中でも特に「他人への攻撃」「批判」の仕方がわかるのです。[/su_note]

❶「とりあえずいただいて使う」と答えたあなた

「とりあえずいただいて使う」を選んだあなたは、職場では人の批判が仕方がうまいタイプ。
事情と状況をわきまえて批判するので、相手から憎まれることも少ないはず。
逆に職場の士気をそぐような「批判」はしないので、同僚、部下からは慕われやすい人です。

❷「やはり人のものなので、そのままにしておく」と答えたあなた

「やはり人のものなので、そのままにしておく」を選んだあなたは、「正しいことは正しい」「悪いことは悪い」と、杓子定規に判断するため、人を批判する時に、容赦しません。
それが思わぬ人の反感も買います。
人のプライドを傷つけやすいため、職場で敵をつくりやすい人です。

❸「近所の、同じように助かった被災者と相談してみる」と答えたあなた

「近所の、同じように助かった被災者と相談してみる」を選んだあなたは、人を批判する時は、必ず職場の誰かに相談するタイプです。
そのため、職場では「自分の意思で決められない、優柔不断な人」と思われます。
リーダーシップがないので、出世には遠い人です。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト⑤
上司に3回呼ばれて 3回返事をしたあなたですが・・・

[su_note]オフィスで、自分の机で重要な作業をしている時、パーティションの向こうで上司に呼ばれました。

「はい」と答えて、作業を急いで終えようとした時、また、「◯◯君」と呼ぶので、「はい!」と答えました。

作業を大急ぎで終え、行きかけた時、また、「◯◯君」と呼ぶので、「はい!!」と答えながら、小走りで行きました。

さて、あなたはどう思う?[/su_note]

❶上司はせっかちなのか

❷上司は耳が遠いのか

❸上司の用は急用なのか

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

上司に対する思いで、あなたの従順性が浮かび上がってくる深層心理テスト。

このテストでは、あなたが会社勤めに向いているかどうかが、わかります。

[su_note]「重要」な「作業」中のあなたは、「組織」の外の「個」の「世界」にいます。

自分を呼んだ「上司(=組織)」の事情を、「せっかち(上司の性格)」「体質(耳が遠い)」「事情(急用)」のどれと考えるかで、あなたの組織への忠誠度がわかるのです。[/su_note]

❶「上司はせっかちなのか」と答えたあなた

「上司はせっかちなのか」を選んだあなたは、3回も呼ばれたことにイラついています。
上司が計3回もあなたを呼んだ事情を考えようとしていません。
あなたの組織への忠誠心はとても低いため、上司に引き立てられる可能性も低いと言わざるを得ません。
会社勤めに向いていません。

❷「上司は耳が遠いのか」と答えたあなた

「上司は耳が遠いのか」を選んだあなたは、2回呼ばれた時、すでに上司の事情を察しようとしています。
「はい」と答えているのに、さらに呼ぶのは、「耳が遠いのかもしれない」。
あなたの組織への忠誠度は、真ん中よりやや高い程度。
会社勤めも頑張れるでしょう。

❸「上司の用は急用なのか」と答えたあなた

「上司の用は急用なのか」を選んだあなたは、3回呼ばれ3回返事をして、上司は急いでいる、急用なのかと事情を察しています。
上司の性格(せっかち)や体質(耳が遠い)と考えず、上司の「事情」に思いをはせた点で、あなたの組織への忠誠度は、かなり高く、会社勤めに向いています。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト⑥
【女性限定】あなたのお父さんについて、お聞きします

[su_note]このテストは女性限定です。

あなたのお父さんについて、お聞きします。

あなたと、お父さんの関係は、次のどれに近かったでしょうか?

一番近いものを選んでください。[/su_note]

❶仲が悪かった(嫌いだった)

❷仲がよかった(好きだったor尊敬していた)

❸特に仲がいいとか、悪いとかなく、普通の親子の関係だった

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

年上男性の上司とうまくやれるかどうかがわかる深層心理テスト。

このテストでは、あなたが職場の上司(男性)とうまくやっていけるかどうかが、わかります。

[su_note]心理学では、「女性」にっとて「父親」は、「世間」「出世」「引き立て」であり、「年長者」の象徴でもあります。

子供時代、父親と葛藤があった女性は、成人して社会に出ても、年上の男性と「もめる」傾向があり、出世の妨げのなりやすいです。[/su_note]

❶「仲が悪かった」と答えたあなた

「仲が悪かった」を選んだあなたは、年上の男性との関係が、幼少時代から悪かったことを示します。
これは深層心理で、成人してからも、あなたに大きな影響を与えていると考えます。
つまり年上男性の上司とうまくいかない、対立する傾向があります。

❷「仲がよかった」と答えたあなた

「仲がよかった」を選んだあなたは、年上男性との関係をうまく保つ術を幼少時代から体得していたことになります。
成人してからは、その影響が色濃く出て、職場の年上の男性の上司ともうまく人間関係を構築できます。
そのため上司の引き立てを受けて、公私ともに好影響があります。

❸「特に仲がいいとか、悪いとかなく、普通の親子の関係だった」と答えたあなた

「特に仲がいいとか、悪いとかなく、普通の親子の関係だった」を選んだあなたは、職場の年上の男性との関係も普通に築いているはず。
そんなあなたの自然な感じが、周囲にはいい印象を与えます。
上司の引き立てを受け、職場では好影響があるでしょう。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト⑦
あなたはある国の王様、これから戦争をしなければなりません

[su_note]あなたは、ある国の王様。

今、他国と戦争をしようとしています。

戦争に負けたら、すべてを失うため、何が何でも勝たなければなりません。

兵隊は、狼と羊を集めて軍隊をつくります。

ただし・・・。

指揮官を1匹の狼にしたら、兵隊は100匹の羊、指揮官を1匹の羊にしたら兵隊は100匹の狼にしなくてはなりません。

あなたは次のどれにすると。いいと思いますか?[/su_note]

❶指揮官は1匹の羊、兵士は100匹の狼にする

❷指揮官は1匹の狼、兵士は100匹の羊にする

❸どちらがいいかわからない

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

兵隊の構成の仕方で、ビジネス社会での戦い方がわかってしまう深層心理テスト。

このテストでは、あなたが社会的に成功するかどうかが、わかります。

[su_note]このテストでは、欧州で昔からある「リーダーの適性を調べる心理テスト」です。

「狼」は「強者」、「羊」は「弱者」を暗示しています。

戦いの勝敗は、「指揮官」で決まります。

「指揮官」をどちらにするかで、リーダーの適性がわかるのです。[/su_note]

❶「指揮官は1匹の羊、兵士は100匹の狼にする」と答えたあなた

「指揮官は1匹の羊、兵士は100匹の狼にする」を選んだあなたは、リーダーとしての適性がまったくありません。
リーダーに「弱者」を暗示する「羊」を選んだあなたは、戦いに負けるでしょう。
戦いは、兵士ではなく指揮官で決まるからです。
あなたは社会的に成功する素地がありません。

❷「指揮官は1匹の狼、兵士は100匹の羊にする」と答えたあなた

「指揮官は1匹の狼、兵士は100匹の羊にする」を選んだあなたは、戦い方を知っています。
つまりリーダーとしての適性があります。
兵士がすべて「弱者」の「羊」でも、リーダーが「強者」なら勝算はあるからです。
あなたは社会的に成功する素地があります。

❸「どちらがいいかわからない」と答えたあなた

「どちらがいいかわからない」を選んだあなたは、ビジネス社会で「勝ち負け」を争う戦いには向いていません。
また「戦うこと」自体に生理的に違和感をいだいているのかもしれません。
公務員などの職種、職態が向いています。
社会的に成功するにはかなりの努力が必要です。

[/su_spoiler]


ヤバい心理テスト⑧
営業を仕掛けるあなた 3人の男性の誰から話しかける

[su_note]あなたは営業を担当している社員。

今、上司から、あるパーティーに出席して、名刺を配って、営業してくるように指示されました。

パーティー会場に行くと、テーブルに、3人の男性がいます。

あなたは、まずどの男性から話しかけますか?[/su_note]

❶目の大きな男性

❷ヒゲをはやした男性

❸短髪の男性

[su_spoiler title="答えはコチラ" style="fancy" icon="arrow-circle-1"]

同じ職場の人たちは、あなたをどのように見ているかが、判明する深層心理テスト。

このテストでは、あなたが「職場でどう見られているか」が、わかります。

[su_note]「営業」で「最初に話しかける相手」とは、あなたにとって「くみしやすい」「やりやすい」「親しみのある」「自分と似たような」タイプの人。

つまり、「鏡」に映った「自分」、他社の目を通した「自分」の姿でもあります。[/su_note]

❶「目の大きな男性」と答えたあなた

「目の大きな男性」を選んだあなたは、開放的な人が好き。
自分でもできるだけ、他人に対して開放的にふるまおうとしています。
そのため、職場の人々も、そんなあなたを「気やすく話しかけられる、飾らない人」として見ています。
あなたの職場での評判は、「性格がいい人」です。

❷「ヒゲをはやした男性」と答えたあなた

「ヒゲをはやした男性」を選んだあなたは、とにかく自分に自信がないので、悩んでいるはず。
ヒゲは「権威」「自信」の象徴。
あなたは自信のない自分をカモフラージュすることに一生懸命。
そんなあなたを、職場では「頼りない人」と見られたり、「謙虚な人」と見られたり、評価は分かれています。

❸「短髪の男性」と答えたあなた

「短髪の男性」を選んだあなたは、物事を深く考えたり、悩むことが大の苦手。
仕事はテキパキと判断して、迷わず進めたいのがあなたの性分です。
そんなあなたを職場の人々は「順応性が高い」「頼りになる」と見ています。
あなたの職場での評価は、「仕事ができる人」です。

[/su_spoiler]

心の本音が分かる「人間関係・人づき合い」のヤバい心理テスト

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-心理テスト

© 2020 暇人の雑学