生き物の雑学

カツオが不眠不休で泳ぎ続ける理由

流線型のスラリとした体を持つカツオは、見るからに泳ぎが速そうです。

実際、スピード自慢の大型回遊魚の中でも、カツオはトップクラス。

泳ぐ速度は時速160キロを超えます。

泳ぐというよりは、突進すると表現したほうが適切なほど。

猛烈な勢いで、しかしスムーズに進んでいきます。

カツオが猛スピードで泳ぎ続けるのには、理由があります。

浮力を得るための浮き袋が体内にないために、止まると沈んでしまうのです。

全速力で泳ぎ続けてさえいれば浮力が得られますから、休むわけにはいきません。

筋肉も、疲れにくいものとスピードを出すためのものの二種類が組み合わさっていて、実にうまくできています。

エラがほかの魚に比べて大きいのも、より多くの酸素を取り入れて筋肉に送り込む必要があるからです。

水中を突進し続けるためのメカニズムが、全身のすみずみまで行き渡っていることに感心させられます。

【生き物の雑学】一覧へ

トップページへ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-生き物の雑学

© 2020 暇人の雑学