歴史の雑学

世界最古の法律「ビールを薄めたら死刑」

世界最古の法律というと、バビロニアのハンムラビ王がつくったハンムラビ法典。

ここには、ビールを水で薄めると溺死刑にすると定められているそうです。

ビールを薄めたくらいで死刑とは、ちょっと厳しすぎると思いますが。

でもこれ、一人で勝手に飲むときの話ではないようです。

この時代、街には立派なビヤホールがありました。

そこで、ごまかして薄めたビールをビヤホールで出すと死刑にされるいう法律なのです。

ビヤホールも、ドイツあたりが発祥の地なのかと思えば、意外なところで、ずいぶん古くからあったものです。

値段は、麦5杯でビール6杯分だったそうです。

当時の麦の値段がわからないので、高いのか安いのか何ともいえませんが、5杯の麦からビールが50杯できたそうです。

とすると、今のビールよりかなり高かったのかもしれません。

ビールはメソポタミアの時代から飲まれていた

トップページへ

【歴史の雑学】一覧へ

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-歴史の雑学

© 2020 暇人の雑学