科学の雑学

にわか雨の予報は、なぜあまり当たらない?

「晴れ時々くもり、ところによりにわか雨」

こんなあいまいな天気予報に歯がゆい思いをさせられることがしばしばあります。

でもこればっかりは、はっきりしろと責めるわけにはいかないようです。

そもそも「にわか雨」自体、いつ急に降り出すかも予測できず、地域もごく大ざっぱにしか特定できない雨で、確かに「ところによりにわか雨」としか表現のしようがありません。

まさに、予報士泣かせの雨ということです。

それでも、「降るだろう」と予測できるのは、にわか雨が主に積乱雲(雷雲)から降るという特徴を持つためです。

また、積乱雲は寒冷前線によって温かい空気が上昇したときに生まれるため、寒冷前線の動きをつかむことによっても、にわか雨の予測はできます。

でも、通常だと直径わずか10キロぐらいの積乱雲がどこに出現してひと雨降らせるか、その場所を特定するのが難しいことに変わりはありません。

ひどいときには、野球場の外野とホームベース側で土砂降りを分けることすらあるのですから。

\この雑学はいかがでしたか?/

モリシゲ

Sponsored Link

-科学の雑学

© 2020 暇人の雑学