色々なジャンルのトリビアをまとめた雑学集です。
ちょっとした暇つぶしになるように2~3分で読めるモノばかり。
知っていると、少しだけ鼻高々になれるかも?

暇人の【最新】雑学

ルーツ・語源の雑学

サンショウウオをヨーロッパに持ち出した意外な人物

中国地方の山奥や三重県赤目地方の清流に棲息しているオオサンショウウオは、昔は日本全国に広く分布していたと考えられています。 それは、その別名が「ハンザキ」であることから推測できると研究者は言います。

生き物の雑学

ヘビはなぜ、足がないのにスルスルと動けるの?

アオダイショウなどは毒蛇ではないとわかっていても、やはりいい気持ちはしません。 ヘビをペットとして飼う人が増えているとはいうものの、ヘビ好きの人がまだかなりの少数派であるところを見ると、よほど人間と相 ...

科学の雑学

マジックミラーの仕組みって?

警察署の取り調べ室などには、マジックミラーが使われています。 これは、取り調べ室から見るとただの鏡なのに、隣の部屋からは取り調べ室の中がよく見えるというもの。 片面が鏡で片面が透明ガラス、というガラス ...

食べ物の雑学

食べ物の雑学

ウナギvsステーキ、タミナ対決の勝者は豚!

夏バテのスタミナ回復食の代表格が、ステーキとウナギ。 確かに両者とも、見るからにたっぷりと栄養分を含んでいるようで、食欲不振やだるさもあっという間に吹き飛ばしてくれそうな雰囲気があります。 しかし、こ ...

食べ物の雑学

石焼きイモ屋のイモが家庭でつくるより甘いワケ。

「石やーきーいもー」 秋が深まると、どこからともなく聞こえる懐かしい呼び声、思わず食欲をそそられます。

食べ物の雑学

大豆には「頭がよく働く素」が入っている

脳の外観は、水分を多く含んだピンクの豆腐のようだ、といわれます。 だから豆腐をはじめとした大豆製品を食べろ、というわけではないのですが。


食べ物の雑学をもっと見る

行動と心理の雑学

行動と心理の雑学

なぜ大人より子どものほうが暗記ものに強い?

子どもとトランプの「神経衰弱」をやって、負かされてしまったお父さんも多いのではないでしょうか。 複雑な脳の働きは子どもより大人のほうが発達していますが、神経衰弱のように脈絡のないものの暗記は、子どもに ...

行動と心理の雑学

どうしてお昼ご飯のあとに眠くなってしまうのか

昼休みにランチを食べ終わったあと、頭がボーッとして眠くなることがあります。 「お昼にあんなに食べなけりゃよかったな」なんて後悔しても、あとの祭り。 ただひたすら、睡魔と闘うのみです。 でも、このように ...

行動と心理の雑学

よく夢を見るという人はストレスが溜まっている。

人は、どういうときに夢を見るのでしょうか。 夢を見るときのメカニズムには、レム睡眠、ノンレム睡眠が関係しています。


行動と心理の雑学をもっと見る

自然の雑学

自然の雑学

青い地球の正体は「もや」

私たちが何気なく目にしている自然にも、意外な事実が多く隠されています。 たとえば、人類初の宇宙飛行士をしたガガーリンの「地球は青かった」という言葉。 これは海の青さを指して言ったと思われているようです ...

自然の雑学

いずれ一日は今の47日分にまで延びる

私たちが自覚することはできませんが、地球の自転速度が少しずつ遅くなって、一日はだんだん長くなってきています。 100年につき1000分の1秒ずつ、一日が延びているのです。 ちりも積もれば何とやらで、何 ...

自然の雑学

季節によって一日の長さが約0.035秒違う!

昼の長さは夏至にいちばん長く、冬至にいちばん短くなります。 その反対に、夜の長さは夏至にいちばん短くなり、冬至にいちばん長くなります。 そんなことは常識ですが、一日の長さが季節によって変わることは意外 ...


自然の雑学をもっと見る

科学の雑学

科学の雑学

マジックミラーの仕組みって?

警察署の取り調べ室などには、マジックミラーが使われています。 これは、取り調べ室から見るとただの鏡なのに、隣の部屋からは取り調べ室の中がよく見えるというもの。 片面が鏡で片面が透明ガラス、というガラス ...

科学の雑学

花火の色はどうやってつけているの?

夏の風物詩の一つである花火は、数種類の物質で着色することで色に違いを出しています。 実は、私たちがよく耳にするナトリウム、銅なども、花火の色の素となっているのです。

科学の雑学

メスの魚だけをつくる養殖技術がある

ニワトリはタマゴを産ませるのが目的で飼っているのだから、メスばかり飼われて当然なのですが、将来は養殖の魚もメスばかりになってしまうかもしれません。 魚も、メスのほうが利用価値が大きいのだそうです。 成 ...


科学の雑学をもっと見る

男と女の雑学

男と女の雑学

男が余っている?「結婚できない現象」

男女の人口比率が、だいたいどの時代も一対一になっているのはどうしてか。 考えてみると、不思議なものです。

男と女の雑学

男性は去勢すると寿命が15年延びる!?

日本人の平均寿命は、女性のほうが長く、男性と7年近い差があります。 その上、この差は年々開きつつあります。

男と女の雑学

もともと女性に母性本能なんてものはない!

女性には母性本能があるといいますが、どうもこれはあやしいようです。


男と女の雑学をもっと見る

生活の雑学

生活の雑学

脱いだ背広は、しまわずに部屋に出しておいたほうがよい!

家に帰って背広を脱ぎ、そのあとすぐに洋服ダンスやクローゼットにしまう人が多いのではないでしょか。

生活の雑学

冷蔵庫がものを冷やす仕組み

電気はエネルギーですから、熱を出したり光を出したりするのは当然だと思えるのですが、冷蔵庫のように電気で冷やすというのは意外な気がします。 どうって電気でものを冷たくするのでしょうか。 冷蔵庫は、電気が ...

生活の雑学

ネクタイの汚れは家庭で簡単に落とせる!

背広やコートが汚れたら、すぐにクリーニングに出す人が多いようですが、男性のファッションにはもう一つ大事なものがあります。 それはネクタイです。


生活の雑学をもっと見る

生き物の雑学

生き物の雑学

ヘビはなぜ、足がないのにスルスルと動けるの?

アオダイショウなどは毒蛇ではないとわかっていても、やはりいい気持ちはしません。 ヘビをペットとして飼う人が増えているとはいうものの、ヘビ好きの人がまだかなりの少数派であるところを見ると、よほど人間と相 ...

生き物の雑学

都会に暮らすハトは野鳥?

「三枝の礼」という言葉があります。 これはハトの習性から生まれたもので「ハトの子は親が止まった枝より三つ下の枝にとまる習性がある。そのハトが親を敬う姿を見習いなさい」という意味です。 本当にそういう習 ...

生き物の雑学

水鳥は足を氷水につけたままでも冷たくない!

冬、氷の張った池で、カモやハクチョウ、サギなどの水鳥が泳いでいたり、足を水につけて立っている姿を見かけたことがあると思います。


生き物の雑学をもっと見る

歴史の雑学

歴史の雑学

平安時代、女性貴族の平均寿命はたったの27歳

日本が世界で最も長寿の国であることはよく知られていますが、実はこの「長寿の国」の座はいつまでも安泰ではない、ということを知っていますか。

歴史の雑学

アイスクリーム発祥の地は中国!パスタも中国?

アイスクリームは洋菓子の一種だし、最初につくられたのはヨーロッパなのでは、と考えがちですが、これがなんと中国なのです。 五世紀の中国では、樟脳(クスノキからとれる精油成分)で香りづけした米と牛乳でつく ...

歴史の雑学

日本に箸が普及したのは聖徳太子の面子のため

箸は中国から伝わったもので、日本で一般的に使われるようになったのは八世紀、奈良時代からです。 それまでの日本人の食事作法はというと、柏とか椎の葉などに盛ったものを手づかみで食べていたといいます。 実は ...


歴史の雑学をもっと見る

日本各地の雑学

日本各地の雑学

なぜ関東は「濃い味」で関西は「薄味」

何気なく食べているものでも、知らないことは意外と多い。 たとえば、うどん。 関東のうどんの汁が黒くて濃く、関西の汁はあっさりしていることがよく知られていますが、この違いはどこからきたのでしょうか。

日本各地の雑学

お酒の名産地にはなぜ色白美人が多い?

美人といえば秋田美人と京美人がまずあげられますが、この二つの地方は昔からお酒の名産地として知られています。 このほかにもお酒の産地として有名なところは、たいてい美人の産地です。

日本各地の雑学

日本海が「磯臭い」のはどうしてなの?

ヨーロッパの海などと比べて、日本の沿岸はどうも磯臭い。 その原因は、どうやら栄養塩にあるようです。


日本各地の雑学をもっと見る

日常の雑学

日常の雑学

安全カミソリが「安全」よりも重視しているものとは?

「一回使えば捨ててしまうようなものを発明したらどうだ。そうすれば、客は何度でも買いにくる。」と雇い主にいわれた40歳のアメリカ人セールスマン、キング・キャンプ・ジレット。 彼は四六時中、頭の片隅で何か ...

日常の雑学

なぜ欧米人は握手で日本人はおじぎなの?

アメリカ人と接する機会の多いビジネスマンに聞くと、さまざまなことがアメリカナイズされ、挨拶も握手ですませることが結構あるようです。

日常の雑学

へその周りに隠すから「へそくり」・・・ではない!

内緒でしまっておいたお金のことを「へそくり」と言いますが、その語源は何だと思いますか。


日常の雑学をもっと見る

心理テスト

心理テスト

心の本音が分かる「男と女」のヤバい心理テスト

ヤバい心理テスト① ある夜、二人でバーへ行きました。さて・・・ [su_note]気になる相手と、夜、食事をしました。 「もう少し飲みたい気分」ということで、少しいい気分でバーへ。 好きな酒を注文する ...

心理テスト

心の本音が分かる「恋愛・結婚」のヤバい心理テスト

ヤバい心理テスト① 条件がそろってペットを飼うことになったあなた [su_note]今まで住んでいた家は、ペット禁止でした。 でも、引っ越しをして、ペットが飼える家に住むようになりました。 偶然、友達 ...

心理テスト

心の本音が分かる「人間関係・人づき合い」のヤバい心理テスト

ヤバい心理テスト① 地震で知人の家が被害!あなたならどうする? [su_note]地震が発生。 知人の家は、隣の家が火事になった影響で、少し延焼しました。 あなたは知人と連絡を取って、何かしてあげたい ...


心理テストをもっと見る

地球の雑学

地球の雑学

クジラは、なぜ哺乳類なのに水中で生活できるのか?

プールに潜ればわかるように、私たちは、水中では一分ほどで苦しくなってしまいます。 とても、水中生活ができるほど息を止めてはいられませんが、はたして私たちと同じ哺乳類のクジラは、どのくらい水に潜っていら ...

地球の雑学

木陰が涼しいのは「日差しを遮るから」だけではない!

真夏の都会は、アスファルトやコンクリートなどからはね返る熱や、冷房から出る熱風でむせ返っています。 場所によっては、気温が45度以上になることもあり、まさに ” コンクリートジャングル ” です。 そ ...

地球の雑学

太陽が好きな木と日陰が好きな木がある

「陽樹」と「陰樹」 あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、その名の通り、太陽を好む木と日陰を好む木のことです。


地球の雑学をもっと見る

体と健康の雑学

体と健康の雑学

一人でしんみり飲む酒は、ストレスを増加させる

同じ酒好きでも、その飲み方によって、体に与える影響はずい分違ってきます。 いい例が肝硬変です。

体と健康の雑学

酒をチャンポンで飲むと体に悪い!?

さんざん飲みまくった翌朝、何となく照れ隠しのためか「あんなにチャンポン(違う種類の酒を交互に飲むこと)で飲んだからなぁ」などと言い合うのですが、本当にチャンポンで酒を飲むと体に悪いのでしょうか。

体と健康の雑学

乳歯が小学校低学年までに抜けるのは成長を断念するから。

人間の歯は、小学校低学年頃までに、それまでの乳歯がすべて抜け落ちて永久歯に生え変わります。 どこも悪くないのにポロリと抜け落ちますが、なぜこんなことが起きるのでしょうか。


体と健康の雑学をもっと見る

ルーツ・語源の雑学

ルーツ・語源の雑学

サンショウウオをヨーロッパに持ち出した意外な人物

中国地方の山奥や三重県赤目地方の清流に棲息しているオオサンショウウオは、昔は日本全国に広く分布していたと考えられています。 それは、その別名が「ハンザキ」であることから推測できると研究者は言います。

ルーツ・語源の雑学

名前に「男尊女卑の時代」が反映された植物がある

秋の七草の一つオミナエシは、漢字で「女郎花」と書きます。 オミナエシは昔はオミナメシといい、女郎飯、つまり女性用のご飯を意味していたという説があります。 男尊女卑の時代、女性が食べていたのは黄色いアワ ...

ルーツ・語源の雑学

ジャンケンは元々「ヘビ」「ナメクジ」「カエル」

ジャンケンはもともと中国で起こったものですが「グー」「チョキ」「パー」の形にしたのは日本人です。


ルーツ・語源の雑学をもっと見る

スポーツの雑学

スポーツの雑学

マラソンの42.195キロメートルはイギリス王女までの距離

陸上競技の花形・マラソンは、古代ギリシャのマラトンの戦いの故事によるものであると知られています。 戦場のマラトンの丘から、伝令のフェイディビデスが戦いの勝利を伝えるためにアテナイの城門まで走り続け、伝 ...

スポーツの雑学

競馬ファンでなくても楽しくなる珍馬名とは?

競走馬の馬名は2文字以上9文字以内と決められていて、宣伝的な名前や公序良俗に反する名前は付けられません。 しかし、珍名はたくさんあります。   ポータルサイトのgooが行った2015年「応援 ...

スポーツの雑学

聖火リレーはあのヒトラーが始めた?

近代オリンピックの聖火が始まったのは1928年・第9回アムステルダム大会です。 この大会から初めて聖火台が取り入れられました。 しかし、オリンピック発祥のギリシャのオリンピアで採火され、はるばるリレー ...


スポーツの雑学をもっと見る

© 2020 暇人の雑学